個人向けのDNA検査で分かること

遺伝で受け継がれているもの

どんな病気になりやすいのか

どんな病気を発症しやすいのか、事前に知ると予防しやすいです。
もしかしたら、珍しい病気に発症しやすい家系かもしれません。
急に発症すると慌ててしまいますが、前もって知っていれば病院や治療方法を調べることができます。
今は健康な人でも、将来病気を発症するかもしれません。
自分がどのくらいのリスクを持っているのか、調べるのも良いでしょう。
DNA検査は、比較的簡単に受けることができます。
採血以外に、唾液を調べることもできるので注射が苦手な人でも大丈夫です。

また、太りやすいかどうかもわかります。
人によってたくさん食べても太らない人や、少ししか食べていないのに太ってしまう人など様々です。
DNA検査によって太りやすいことがわかれば、太らないように対策をすることをおすすめします。
食べるのが好きな人なら無理にガマンしないで、その分運動するなどの対策をしましょう。
アルコールに強いかどうかも、DNA検査をすることで判明します。

他にも薄毛になる確率や、遺伝的に何歳頃まで生きられるかなどたくさんのことがわかります。
寿命が短いといった結果が出ても、大きなショックを受けないでください。
健康に気を遣って生活を送っていれば、ながいきできるはずです。
自分の生活に改善点がないか知るために、DNA検査を受ける人が見られます。
具体的にこの病気になりやすいと聞くと、改善すべき部分が判明すると思います。
より健康的な生活を送れるよう意識しましょう。

TOPへ戻る