個人向けのDNA検査で分かること

遺伝で受け継がれているもの

自分の体質を知ろう

肥満体型にならないようにする

太りやすい人は、少し食べただけでも身体に脂肪が蓄積されてしまいます。
外見を気にしない人は良いと思っているかもしれませんが、肥満は病気に繋がると忘れないでください。
病気のリスクを軽減するために、肥満体型にならないよう注意しましょう。
しかしDNA検査で太りやすいという結果が出ても、食べる量を減らすのは辛いと思います。

運動などで、脂肪を燃焼しましょう。
無理な運動は身体を痛めるだけなので、控えてください。
会社に行くまで歩く距離を増やしたり、自宅でストレッチをするなどが良い方法です。
普段からこまめな運動を続けていれば、太りやすい体質でも肥満体型になることを回避できます。
いつまでも健康な身体で、生活を送れるでしょう。

アルコールに強い人

普段からお酒を飲むのが好きな人がいると思います。
しかしすぐに酔ってしまう人は、アルコールに弱いのかもしれません。
1度、DNA検査をすることをおすすめします。
DNA検査では、アルコールにどの程度強いのかを調べることができます。
一般的な人より弱いという結果が出たら、アルコールの摂取を控えた方が良いです。

アルコールに弱いということは、解毒する能力も低下しているということです。
たくさん摂取すると、アルコール中毒や依存症になってしまうかもしれません。
毎日お酒を飲んでいた人は、1週間に1回や2回、飲まない日を作ってください。
1日に飲む量を減らすのも良い方法です。
完全に禁酒しなくても良いので、摂取量を減らしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る